プロフィール

よしかわ助産院院長 吉川 元子(よしかわ もとこ)愛知県渥美半島生まれ
※渥美半島は本物のメロンも生産量第7位!(愛知県田原市2013年度)
子宮を丸くすれば短期間で妊娠する妊活メソッド「まんまる子宮になる、しあわせメロン化計画」を主宰している。20年間でマタニティヨガと産後ヨガクラスの累計受講者数2万5千人。妊産婦と赤ちゃんの整体施術を14年間経験し、2016年度4名、2017年度4名で妊活率100%。体操+整体+生活指導で妊娠するまでの期間1~4ヶ月。
子宮が丸くて柔らかくなれば、着床しやすく、流/早産しにくい身体になる。このメソッドの基となったのが、妊娠中1~3ヶ月で切迫早産や逆子を予防し安産に導く『トコヨガ体操』。近代的生活で骨盤が緩み、内臓下垂で切迫早産や逆子に悩む妊婦が急増。ヨガだけでは短期間で良くならない現実から整体を学び、ヨガと整体の体操をコラボした『トコヨガ体操』を考案。2014年『お産を楽しくなるトコちゃんヨガ体操』(日貿出版社)を出版。特にバースプランや逆子治しが好評。さらにトコヨガインストラクター養成講座を開講し、2年間で30名のインストラクターを養成。

 

骨盤ケア教室・ラジオ番組・スーパーキッズ教室 〜吉川元子だからできること〜

運動・言葉・手先が器用な発達加速天才キッズ生産中!産後のポッコリお腹に即効性のあるおっぱいトラブルを改善する体操で痩せるメソッドを考案。産後メソッドは全ての女性の身体シェイプアップに効果があることを朝日カルチャーセンター「骨盤ケア教室」で2014年度実施。妊活・妊婦ケアから産後の育児までのトータルケアをクラスに来た人にだけ伝えていたのでは、妊活で悩む方、切迫早産や逆子で悩む妊産婦や育児不安になるママの増加を止められない。目の前にいない方にもノウハウを伝える為に、ママと赤ちゃんの笑顔をふやす『元子の妊娠中から天才を育てるラジオ〜♪』放送を開始。さらに2017年1月から、赤ちゃんから6歳までの子を対象に、オリンピック選手をめざせる身体作りの「スーパーキッズ教室」を展開していく。

 

わたしが助産師になった理由 〜吉川元子のこれまで〜

高校3年生の夏、家業が倒産。手に職を求めて助産師学校卒業し地元の総合病院に就職。不妊症でタイミング療法、排卵誘発剤を使用して3年目でようやくできた息子の出産時、母親教室でラマーズ法を指導していたにもかかわらずできなかった呼吸法。90度しか開脚できない硬い身体では分娩台でイキめず、ぶ厚い会陰をジョリと切られ吸引分娩。その後局所の腫れと痛みで母乳をあげる事も困難な入院生活を経験。「私のように産後に辛い思いをしない人を育てる助産師になろう!」と誓い現在に至る。

 

経 歴

・2006年5月 おはよう赤ちゃん掲載
・2009年6月 助産師雑誌掲載
・2009年8月 たまごクラブ掲載
・トコヨガインストラクター18年間2万5千人に指導
・JCAC日本カイロプラクティック推進協同組合賛助会員
・赤ちゃん、妊産婦への整体施術を14年間経験
・思春期保健相談士(児童館・保育園・高校等で性教育講演「おむつの中の大事な話」の活動を20年間実施
・「元子の妊娠中から天才を育てるラジオ〜♪」放送中
(ゆめのたね放送局東日本にて毎週火曜日の朝7時より)
・2014年   トコカイロプラクティック学院講師トコヨガインストラクター養成講座(現在も開講中)
・2014年   『お産が楽しくなるトコちゃんヨガ体操日貿出版社
・2017年1月 赤ちゃんから6歳までの子を対象に、オリンピック選手をめざせる身体作りの「スーパーキッズ教室」を展開。
※2017年 10月現在

 

↓講演会・お教室にご興味のある方はこちらから↓